安全保障の防犯カメラ

安全保障の防犯カメラ

防犯カメラは設置箇所が重要

犯罪を抑制するために用いられる防犯カメラは、機器の性能に応じて撮影できる距離や角度・映像の保存時間などが異なっており、適切な場所へ設置しないと最大限の効果は発揮されない点に注意しておく必要があります。
まず、運用時における周囲の明るさや人物の侵入経路といった映像に関する要素へ着目しておくべきで、設置箇所が悪いと真っ暗で何も写らないもしくは光の影響を強く受けて映像が劣化する状況へ陥りやすく、高速で動く物体をうまく捉えられない可能性も生じてきます。
防犯カメラは手の届く高さへ設置してしまうと見えない位置から物理的に破壊されるリスクを伴うため、できるだけ高い場所を選択しておきコスト面でのリスクを軽減しておく方法がおすすめです。
また、防犯カメラと同時にコストの安いダミーカメラを設置しておくと撮影できない位置のカバーに役立つほか、周囲からよく見える箇所をあえて選択することにより監視状況をアピールする効果が得られるメリットもあります。

防衛力が強化出来る防犯カメラの設置

防犯カメラを設置すれば、自宅のセキュリティ力が向上します。
最近は何かと物騒です。地域に限らず、犯罪が発生しており、昭和の頃にはなかった悪質な事件も頻発しています。
子供や女性、若者が被害者なる悲痛な事件もあります。

防犯カメラを設置してもカメラが直接助けてくれるわけないだろう、といった辛辣な意見もありますが、それは乱暴な反論です。

防犯カメラは確かにガードマンと違い、直接女性や子供たちを助ける能力は持っていません。
しかし、暴漢や強盗犯、いわゆる通り魔は防犯カメラの存在を非常に恐れています。
カメラの画角に入れば、証拠となる犯行当時の映像が記録されますので、知能的な犯罪者は皆、設置が終わっていない地域に限り、犯行に及んでいます。

カメラ自体に攻撃力はありませんが、設置を行う事で「この地域は防犯に力を入れているぞ」といった意思表示になります。
また知能的な犯罪者は凶行に及ぶ前に下見を済ませます。カメラの存在を犯罪者にアピール出来れば、その段階で犯罪を抑止出来ますので、凶行を起こさせない防衛力が効果的に働かせられます。

おすすめWEBサイト 5選

会社案内の作成を申し込む

Last update:2017/9/6